レビュー

【レビュー】AirPods Proは買うべき?おすすめポイント解説

10月30日発売の『AirPods Pro』を当日に購入しましたので、実際に使用した率直な感想を紹介します。

結論としては、3万円の価値は十分ある高機能・快適なワイヤレスイヤホンだと感じました。

ノイズキャンセル、防水、ワイヤレス、カナル型といった特徴を持つAppleの最新イヤホン…iPhoneやMacBookを使う私にとっては欠かせないアイテムとなりそうです!!

とはいえ値段は決して安くはないので、買おうか迷っている人はこの記事で最終的な判断をしていただければと思います。

在庫がない場合でも下記リンクで入荷情報をチェックできます。

『AirPods Pro』の基本情報

商品名 AirPods Pro
価格 ¥27,800 (税別)
サイズ
(左右各)
高さ:30.9 mm
幅:21.8 mm
厚さ:24.0 mm
重量:5.4 g
サイズ
(充電ケース)
高さ:45.2 mm
幅:60.6 mm
厚さ:21.7 mm
重量:45.6 g
バッテリー
(AirPods Pro)
・1回の充電で最大4.5時間の再生時間
(アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードをオフにした場合は最大5時間)
・1回の充電で最大3.5時間の連続通話時間
バッテリー
(AirPods Pro with Wireless Charging Case)
・24時間以上の再生時間
・18時間以上の連続通話時間
・充電ケースでの5分間の充電で約1時間の再生時間、または約1時間の連続通話時間
機能・特徴
  • Appleによるデザイン
  • アクティブノイズキャンセリング
  • カスタマイズできる装着感と密閉性
  • 外部音取り込みモード
  • アダプティブイコライゼーションによる優れた音質
  • 耐汗耐水性能(IPX4)
  • 自動でオンになり、自動で接続
  • すべてのApple製デバイスで簡単に設定
  • ケースですばやく充電

AirPods Proを実際に使ってみた感想


AirPods Proを使った感想ですが、僕は元々AirPodsを使ったことがなかったので、「こんなにも便利なのか!」と衝撃を覚えました。

ワイヤレスイヤホン自体は使ってましたが、Amazonで5000円くらいで買ったよく分からん商品だったので、音質は普通だし英語でアナウンスが流れたり、設定が面倒だったり、すぐに充電がなくなったりしてました。正直、ワイヤレスイヤホンにはいいイメージがありません。

さらに、Apple純正イヤホンは、形状が耳に合わないというか、すぐに耳から落ちるくらいフィット感がなかったので、ほぼ使ったことがなかったです。カナル型でないとイヤホンは使いたくない派。

そんな中、カナル型かつノイズキャンセリングのワイヤレスイヤホンという、渇望していたアップルからの新製品でした。

感想はとにかく『満足!』の一言に尽きます。軽さ・ノイキャン性能・デザインが特に魅力的な要素だと思います。

軽いので装着感がなくて耳が疲れない

ワイヤレスイヤホンで多いのが、イヤホン自体の重さです。サイズが大きくて重たいと、長時間装着していると疲れて耳が痛くなったり、気が散ったりしますよね。

AirPods ProはさすがApple製品だけあって、重量にとても配慮して作られています。とにかく軽い!(何回も言いますが…)

重さは片方ずつでそれぞれ5.4g。耳にかけていても全く気にならないですし、装着感もほぼありません。

ただ、AirPodsは4gだったので、少し重くはなっています。やはりノイズキャンセリングと耐汗耐水性能がついた分、重くなっているのでしょう。

比較すると分かりやすいのですが、「SONY 完全ワイヤレスイヤホン WF-SP900」は片方で7.3gです。装着するとこの差は結構大きく感じます。

カナル型なので遮音性が高くて耳にフィットする

今回のAirPods Pro最大の変化といえば、カナル型に形状が変わった点でしょう。Appleのイヤホンといえばシンプルなデザインでしたが、僕はこのツルツルしたヘッド部分が耳に合わず、使いにくいなと感じてました。当然AirPodsも買ってません。

なのでApple製品ではなく、他のメーカーのカナル型のケーブルタイプイヤホンをずっと使ってたんですよね。それもあってか、AirPods Proはすぐに馴染みました。

ワイヤレスイヤホンは以前使ってたこともありますが、紛失してしまったのでそれ以降買っておらず、今回も無くさないか不安ではありますね…(笑)

高度なノイズキャンセル機能で騒音が気にならない

AirPods Proを気になっている人は、ノイズキャンセル機能を試して欲しいです。マジで周囲の音が聞こえなくなって、音楽に集中できるようになります。

家でドラム式洗濯機を回しつつ装着してみたのですが、スイッチが入った途端にノイズキャンセリングが発動して、一気に聴覚を失った気分*になりました。

※『ゴゴゴォォーー…!!』という音が『スゥ〜……』に切り替わるイメージ

その後、音楽を再生するとクリアな音声が流れて感動…。それだけではなく、スイッチの切り替え(ボタンを長押し)で周囲の音を拾うモードにも変更可能です。急に周囲の雑音やドラム式洗濯機の爆音が耳に入ってきて、「ウチってこんなにうるさかったのか」と実感しました(笑)

もっと詳しくノイズキャンセリングについて解説した記事は↓

耳栓代わりにも!ノイズキャンセリングイヤホンの仕組みとおすすめ商品皆さんは電車で移動中のときとかに、『周囲の音がうるさくてイヤホンの音楽が聞こえにくいなぁ…』って思ったことはないでしょうか? 周囲...

今までのAirPodsと何が違うのか

値段が高くなった

AirPods Proは、一つ前のワイヤレス充電(Qi対応)可能なAirPodsよりも5,000円高い値段となっています。

AirPods Pro  27,800円
AirPods with Wireless Charging Case 22,800円
AirPods with Charging Case  17,800円

AirPodsにも採用されているH1チップを採用してApple製品の使いやすさに優れたBeatsのワイヤレスイヤホンは23,400円。SONYのWF-1000XM3は23,311円なので、ワイヤレスのノイズキャンセリングイヤホンの相場より少し高い価格となっています。

ノイズキャンセリング・耐水耐汗

AirPodsになかった2つの機能が、AirPods Proでついに実装されました。

まず、ノイズキャンセリング機能に関しては、『アクティブノイズキャンセリング』という周囲の音を気にせずに音楽に集中するモードが選べます。

誰かと会話したり、周囲の音を聞きたいときはスイッチを押して『外部音取り込みモード』に切り替えればOK。いちいち付け外しせずに切り替えることができて便利です。

耐水に関しては、汗や雨で濡れても大丈夫なレベル(IPX4)で実装されました。スポーツでの利用にも向きますね。

バッテリーと重さが少しマイナスに

先ほど説明したように、重さは若干重くなってしまっています。

(片方の重さ):4g→5.4g

さらに、バッテリー駆動時間も短くなっていますが、ノイズキャンセリング・外部音取り込みモードをオフにすれば従来のAirPodsと変わりません。

(バッテリー駆動時間):5時間→4.5時間(アクティブノイズキャンセリング・外部音取り込みモード使用)

iPhoneユーザー・Apple製品好きには超絶おすすめ

まとめると、値段はちょっと高いけど、製品自体は軽いし高機能だし良デザインだし…という感じで、他のノイキャンイヤホンを買うなら『AirPods Pro』がおすすめかなという感想です。ワイヤレスにこだわりがないなら、もっと安くて高音質な有線のイヤホンもありますが…。

あとは、iPhoneやMacを使っている人には割とおすすめです。シームレスな使い勝手で、簡単に設定も完了するので使いやすさに感動します。Bluetooth接続が楽チンでした。

「ノイズキャンセリング機能を使いたい!」という人は、イヤホンの相場がだいたい2万〜なので、AirPods Proを検討してもいいと思います。合わなければ2週間以内なら返品もできますからね!

在庫がない場合でも下記リンクで入荷情報をチェックできます。

有線のイヤホンを探したい人は下記記事を参照ください。

2,000円以内で買えるコスパ最強のイヤホンを紹介 今回は、2000円以内で買えるイヤホンを紹介します。 安くて高品質なイヤホンを探している すぐ失くす・壊すか...
関連記事もどうぞ
【厳選】airpods proと合わせて購入したいアクセサリーを紹介先日Apple社の新商品である『airpods pro』を買ったのですが、専用ケースなどのアクセサリーもすでにたくさんの種類が発売されて...
アップルウォッチ5を使ってみた感想【メリット・デメリットあり】先日Apple Watch Series5(アップルウォッチ5)を買いました。前からこういうスマートウォッチに憧れてはいたのですが、使い...
ABOUT ME
Mura.
ブロガー&Webライター ブログでは若者向けの仕事や稼ぎ方・生活を豊かにするお役立ち情報をメインに発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です