店舗比較

ネカフェバイト経験者が全国チェーンのネットカフェを比較!値段やサービスの違いはあるの?

皆さん初めまして。大学生ブロガーのMuraと申します。

私は以前の記事にも書いた通り、インターネットカフェで1年半アルバイトしてました。

ですのでそれなりにネットカフェ事情には詳しいつもりです。時々行きますし。

ただ、意外とネットカフェに行ったことがない人や、興味あるけど怖い。なんて人もいるようなので、私が今回全国チェーンのネットカフェに限ってではありますが、主なネットカフェを紹介していきます!!

料金やサービスなどの特徴もまとめますので、行ってみたい人や違うネカフェを検討している人は特にチェックしてみてください。

では全国店舗数順で見ていきましょう!!

主要インターネットカフェ(全国チェーン)

  • 快活CLUB

「快活クラブ」の画像検索結果

www.kaikatsu.jp 

快活CLUBは業界(全国)No.1の店舗数を誇るコミック&インターネットカフェです。
バリのリゾート空間を再現した店内では、ゆったりくつろげる様々なタイプのお席で
コミック・雑誌、インターネットはもちろん、オンラインゲーム、
シネマ・アニメなどの動画、テレビの閲覧などをご利用いただけます。
また、大人数で楽しめるよう、豊富なコンテンツをご用意いたしました。
あなたのご利用シーンに合わせた遊び方でご利用いただけます。
完全会員制のご安心してくつろげる極上のリラクゼーション空間をお楽しみください。

全国チェーンのインターネットカフェといえば快活CLUBですね。サービスの質と自動切り替えの料金体系が人気の理由。王者の風格...

快活

※店舗によって多少金額が前後する場合があるみたいです!

自動で最もお得なプランに切り替わるので、いちいち時間を計ったりしなくてもいいので安心!

通常のネットカフェのサービスに加えて、アミューズメントも豊富なのが特徴的です。

・ダーツ

・ビリヤード

・カラオケ

・リビングルーム

・女性専用エリア

個人的にはソフトクリームが無料なのが嬉しい!!(笑)

「快活クラブ」の画像検索結果

https://www.google.co.jp/urlより

無料でいくらでも食べてOK!ドリンクバーと合わせてコーラフロートとか作ってたなぁ( ^ω^)

朝に行くとモーニングメニュー(パンとポテト)が無料であったり、ブースも比較的綺麗だという口コミが多かったりと、いい印象の快活club。

接客の質もネットカフェにおいてはかなり高い方で、会社からの教育が厳しいなんて噂も。利用客としてはありがたいです。(私のバイトしてたとこはゆるかったので汗)

デメリットとしては、フードメニューが少し高いという点と、郊外に店舗が多いので都市部の人は行きづらい点ですかね。(車保持者向けなので駐車場が広いとこが多い)

  • 自遊空間

「自遊空間」の画像検索結果

jiqoo.jp

私たちは、自遊空間のように娯楽コンテンツを施設内で同一料金にて提供するカフェスタイルの店舗を、複合カフェと呼んでいます。複合カフェというフレーズには聞き覚えのない方でも、このような営業形態をとっているお店をご覧になられた方は多いのではないでしょうか。2000年を境に急増した複合カフェ。そのパイオニアが、私たちが営業する「自遊空間」です。
自遊空間が、業界のリーディングカンパニーとして、ここまで拡大した理由は、私たちのビジネスモデルが現代消費にマッチしたものだからです。経済不況からますます落ち込む消費性向、一方で多様化する消費動向、加えて当たり前になりつつある24時間提供されるサービス。私たちは、アミューズメント業界においても、これらの要素が求められていると考え、時間消費型アミューズメントというビジネスモデルを築いたのです。

http://www.runsystem.co.jp/work_jiku.html

自遊空間は快活CLUB次ぐ全国店舗数2位を誇るチェーン店。フランチャイズなので店によってサービスが変わるところも多く、お気に入りの店舗を見つけたいところです。

料金:

通常料金250円(税込270円)/30分
延長料金75円(税込80円)/10分
パック料金【平日料金】
3時間パック 1,056円(税込1,140円)
6時間パック 1,528円(税込1,650円)
9時間パック 2,102円(税込2,270円)
12時間パック 2,667円(税込2,880円)
8時間ナイトパック 1,528円(税込1,650円) ※ナイトパック販売時間は20時~翌4時まで。

【土・日・祝日料金】
3時間パック 1,149円(税込1,240円)
6時間パック 1,621円(税込1,750円)
9時間パック 2,195円(税込2,370円)
12時間パック 2,760円(税込2,980円)
8時間ナイトパック 1,621円(税込1,750円) ※ナイトパック販売時間は20時~翌4時まで。

↑↑神楽坂店の料金表。店舗によって異なる場合があります。

自遊空間はダーツやビリヤード、カラオケなどのアミューズメントも豊富で、そのために行く人も多いのでは。しかもそのときに割引クーポンまでもらえますよね♪

さらに、Origami Payというスマホ決済サービスを使えばさらに5%OFFという割引併用ができちゃいます。自遊空間はリピーターに優しい...

origami.com

そして自遊空間はフードメニューも強い!!

「自遊空間 フード」の画像検索結果

10~15時の間は100円ランチ・200円ランチなんてキャンペーンもあるので、とにかく安くご飯台を済ませたい人にオススメ。(普通にフードは安いです。)

味もそれなりに美味しいです。(量的には微妙かもだけど)

あと流行りのVRもあります。これでアダルト動画とか見に来る人が多いとか。「自遊空間 VR」の画像検索結果

  • コミックバスター

f:id:Murajump:20170929173138p:plain

コミック・バスター 【ネットカフェ&漫画喫茶を全国150店舗展開】

全国店舗数3位、中高年男性に人気のコミックバスターです!!

料金(千代田区神保町店の料金)※店舗によって異なる場合も

入会金 200円

通常料金/最初の30分  300円

延長料金/15分毎  100円

3時間パック  1050円

4時間パック  1050円

(受付17時~21時)

5時間パック  1600円

8時間パック  2100円

ナイト6時間パック  1600円

(受付18時~翌5時)

ナイト9時間パック  2100円

(受付18時~翌5時)

シャワー料金/15分毎 100円

17~21時なら4時間が通常の3時間と同じ価格。夕方から夜の間に行ければ安く済むのはありがたい。

あとシャワー100円は安いですね。15分は女性はきついかもですが、男性ならササッと済ませば大丈夫そう。

フードメニューも安くて種類豊富。(B級多し)

「コミックバスター」の画像検索結果

コミックバスターもフランチャイズ経営ですので、店舗によって店のレイアウトやサービスが異なります。

f:id:Murajump:20170929174005p:plain

上記の画像のようにオープンシート(個室でないブース)は通常より安く利用できたり、カップルシートといって、2人で同じブースが使えるシステムもあります。(いかがわしいことをしてはいけませんぞ)

カラオケ・ビリヤードはもちろん、店舗によっては岩盤浴なんてあるところもあるそうで、複合カフェというコンセプトがどんどん飛躍している気がします(笑)

 

比較してみる

まずは値段部門!!

といっても店舗によって変わるので、東京の店舗かつ私の感覚(何店舗化調べた印象)という判断基準です。ご了承ください。

入会金はコミックバスターが1番安い。(200円付近だが他2つは300円を超すところが多い)

ただ、快活clubはキャンペーンで入会金無料!という店舗も多いので、快活clubをチェックしてみるといいかも。

次に基本料金。ふら~っと行ってすぐに出たい人にとってはパックよりこちらが重要ですよね。

若干ですが快活が一番かなぁという印象。自遊空間とほとんど変わらないですが、コミックバスターはわずかに高いです。(あくまで店舗によりますが)

延長料金もほとんど横並びで、15分100円くらいが一般的。

次はとても大事な3時間パック料金です!実際私がバイトしてた時もこの3時間パックが1番売れてました。

これに関しては快活clubとコミックバスターですが、快活は土日に100円~200円ほど上乗せされるのでコミックバスターに軍配が上がります。

ナイト8時間パックは快活が一番安いです。(平日なら)

最後にシャワーも一応書いておくと、快活・自遊空間は30分で300円前後が多いのに対し、コミックバスターは100円です。ただしコミックバスターは15分なのでご注意を。

安さを求めるなら快活、シャワーを使うならコミックバスターがいいでしょう。

↓↓タオルは持ち込みです。(店でも買えますが)おススメのタオルはこちら。

アクセス・立地

これは一概に言えませんが、都内の店舗数で競いたいと思います。

快活CLUB・・・8店舗(363店舗中)

自遊空間・・・32店舗(179店舗中)

コミックバスター・・・21店舗(150店舗中)

というわけで、立地部門は自遊空間に軍配が上がります。(あまり関係ないかもだが)

サービス

これは個人的な感想というか、客観的な判断が難しい要素ですよね。店的には快活CLUBが1番綺麗な印象です。

バリ島という世界観やソフトクリーム、無料の朝モーニングメニューなどメリットが多い

弱点はフードメニューの価格が少し高いところかなぁ。

自遊空間はレジャーが強い(VRあるし)のと割引が使いやすい。あとフードの安さが武器ですね。

コミックバスターは...特筆するところがあまりないかなぁ(笑)まあフランチャイズなので店舗によっては綺麗だったりレジャー豊富だったりするかもだけど。

比較結果

結果としては素直に快活CLUBに行っておけば間違いない!!という結論に(大雑把)

料金・サービスのバランスが一番良い!特に女性は女性用ブースもありますのでオススメ。

ただ郊外に多いので、都内など都市部の人にとっては行きづらいです。近くにあればいいのですが、ないなら他2つに行きましょう。

というわけで全国チェーンのインターネットカフェ3店舗を比較終了。

ただ、まだまだ多くのネカフェがあります。(ポパイマンボーなど)ほかの店も比較してみますので、快活CLUBを超す店はあるのか調べていきたいと思います。

追記(2017/12/02)

調べました! 気になる他の店舗の比較はこちら。 

これを読めば皆さんもネカフェ通になれます(多分)。ではではっ!!

ABOUT ME
Mura.
ブロガー&Webライター/ 『MURAiSM〜ムライズム』の管理人であり、プログラミングなどの知識ゼロでも完全在宅で月30万以上稼ぐ/ ブログでは若者向けの仕事や稼ぎ方・生活を豊かにするお役立ち情報・恋愛ノウハウをメインに発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です