【レビュー】MacBook Air(MagSafe)でノマドできるモバイルバッテリー

「【レビュー】MacBook Air(MagSafe)でノマドできるモバイルバッテリー」のアイキャッチ画像

僕はよくパソコンを持ち運んで作業とかするんですが、何時間も使い続けると充電が切れてしまいます。コンセントがないお店だと充電ができないので、カフェとかファミレスに行く際は必ず充電できるかどうかを確認してました。

ですが、近所のよく行くファミレスでも作業がしたいなぁと思っていたので、無理矢理にでもパソコンを充電する方法を見つけました。それが、コンセント付きモバイルバッテリーを使う方法です。

僕が使っていたMacBook Airは充電ケーブルが『MagSafe 2』という特殊な規格なので、普通のモバイルバッテリーだとケーブルが合わないんです。(一部変換ケーブルとかもあるようですが、入手が困難っぽかった)

そこで買ったのがこちらのモバイルバッテリー。なんと容量が40200mAhという破格サイズ。最大の特徴はACコンセント出力に対応していることです。

Omars ポータブル電源 AC出力対応 モバイルバッテリー
Omars

MacBook AirのMagSafeでも持ち運び充電する方法

早速MacBook Airでノマドする方法をご紹介しましょう。

純正バッテリーとOmarsのポータブル充電器をつなぐ。これだけです。

もはや説明は不要なレベルですが、仕組みはこれだけ。要するにACコンセント出力ができるバッテリーならなんでもいいんです。

MacBook Airだと大体2回分くらいフル充電できる容量となっています。

Omarsのモバイルバッテリーについて


Omarsのモバイルバッテリーは、サイズと重さが”モバイル”と呼ぶのをためらうレベルでデカいし重いです(笑)

容量 146Wh/40200mAh
ACコンセント出力 110V~ 60Hz,90W
DC入力 16.8V/2A
USB出力 DC 5V/3A;9V/2A;12V/1.5A (各ポート最大18W)
サイズ 24.8x188x44mm
重量 約966.5g

一番気になるのは、重さがやっぱりきついです。約1キロを持ち運ぶのは負担になりますね。

ただ、これ一つでどこでも作業が可能になると考えると、結構コスパはいい気がします。丸1日どこかで作業する、というシチュエーションにも耐えられますし、MacBook Airでもノマドできる貴重な電源となり得ます。

アウトドア・災害時にも役立つ

こういうモバイルバッテリーだと、キャンプなどのアウトドアで使う際に便利ですよね。容量も大きいので長持ちしますし、災害時にもこれでお湯を沸かすとか、携帯やラジオの充電をしたりもできそう。

ちょうど最近大きな台風も来たので、これからは災害に備えてコンセント付きの充電器を買う人も増えそうです。

欠点・デメリット

欠点・デメリットが2つあります。

品薄でなかなか買えない
値段が高い

実はこのOmarsのモバイルバッテリー、前から狙ってたんですが、いつも在庫切れで買えませんでした。こまめにチェックしておかないと買えません。

そしてもう1つが、値段です。こちらは大体14,000円程度でして、モバイルバッテリーにしてはかなり高いです。とはいえコンセント出力に対応している充電器となると、全部これくらいの価格帯になるので、相場より高いわけではないのですが…。

MagSafe規格でもモバイルバッテリーで充電できる別の方法

僕は少し前にMacBook Proに変えたのでもう必要はないのですが、どうやらDCポートと接続する変換ケーブルなら比較的簡単かつ安価で手に入るっぽいです。

今ならこの方法でUSBポートに変換して、モバイルバッテリーとMagSafeをつなぐ方法を取ると思います。

created by Rinker
Omnicharge
¥2,484 (2020/07/08 18:54:37時点 Amazon調べ-詳細)

これを使うだけで結構選択肢は広がりそう。DCポート端子がないモバイルバッテリーだと、さらに変換が必要になりますが。

あとは、Type-Cと接続する方法もあります。これはかなりいい方法だと思います。

MacBook Pro用80W Magsafe2 Tヘッドアダプター充電コンバーターへのスリムデザイン軽量USB C
Nimoliya

Type-Cは出力もパワフルで急速充電もできるので、これ一個持っておくとノマドが一気に捗りますね。値段も安いです。

結論:MagSafeでも普通にノマド(持ち運び充電)できる

というわけで、MacBook Airやノートパソコンなどのバッテリー接続端子が特殊でも、それに対応する変換ケーブルを使うことで、モバイルバッテリーを使うことができます。

注意点としては、パソコンはスマホと比べ物にならないレベルでバッテリー消費しているので、2000とか3000mAhといった容量で充電するのは厳しいです。できれば1万以上の容量が欲しいですね。

今回紹介したOmarsのモバイルバッテリーですが、売り切れで買えない人は同じメーカーの下記商品もおすすめです。こちらは値段も安いし少し薄くて軽いので、より持ち運びに適したモデルとなっていますよ。

≫モバイルバッテリーの関連記事

MacBook Proの充電器を追加購入した方がいい理由【おすすめ商品も紹介】