AppleWatchでマスクをつけたままiPhoneのロック解除が可能に!FaceIDの設定方法を解説

「AppleWatchでマスクをつけたままiPhoneのロック解除が可能に!FaceIDの設定方法を解説」のアイキャッチ画像

『iOS 14.5.1』アップデートにより念願のFace IDが改善され、Apple WatchがあればマスクをつけたままiPhoneのロックが解除されるようになりました。

このご時世ですから、マスクをつけた状態の時間が長いので、「やっとか…」という気持ちもありますよね。私は毎日Apple Watchを装着しているので、かなりありがたいアプデでした。

私も実際に試してみたので、感想や設定方法を詳しく紹介します。

Apple WatchでiPhoneのロックを解除する設定方法

iPhone側でまず、『設定』→『Face ID とパスコード』→『Apple Watch でロックを解除』をオンにします。

Apple Watchの設定で『手首検出』をオンにしていないと機能が使えないので要注意。

またこのロック解除機能は、iPhoneはFace IDを搭載したiPhoneX以降、Apple Watchはシリーズ3以降で使える機能です。

≫詳しくはApple公式ページ参照

注意点

Apple WatchでiPhoneのロックを解除する際に、下記の注意点があります。

注意点

  • Apple Watchをロック解除しておく必要がある
  • Apple Payやパスワードなどの本人確認は行えない
  • Apple WatchとiPhoneがペアリングされている
  • iPhoneとApple WatchでWi-FiおよびBluetoothが有効になっている

これらの条件や注意点があるので、事前に確認しておきましょう。

また、ロック解除をしたつもりがない場合はApple Watchを操作してロックが可能です。iPhoneがロック解除されると振動が伝わるので、「今は解除したくない」というときはApple Watchをタップしてロックでき、その後はパスワード入力が必要になります。

マスクをつけていれば誰でもロック解除が可能

今回のロック解除機能の最大の懸念点は、マスクをつけていれば誰でもiPhoneのロック解除が可能という点。

実はこの機能、マスク装着時はFaceIDで人の識別をしておらず、『マスクをつけている人』という認識しかしてくれません。

つまり、Apple Watchを装着している人じゃない他人でも、Apple Watchを装着している時は解除されてしまうということ。

もちろんApple Watch側でロックをかけられますし、一度Apple Watch側でロックすればパスワードが必要になるので事故は防げますが、問題は寝ている時。

睡眠アプリがあるので寝ながらApple Watchをつけている人は、寝ている隙に誰かに解除されるかもしれません。

対策として、おやすみモードをした状態で寝るとロック解除機能が無効になります。誰かにiPhoneを勝手にみられる可能性がある場合は、安心して眠りにつくためにもおやすみモードを設定しておくのがおすすめです。

実際にマスクをつけたままロック解除をやってみた

人によっては「反応しにくい」という口コミもあるようですが、私はサクッとロック解除できて快適でした。マスクはきちんと鼻まで覆って、目線をiPhoneに向けるとすぐにロック解除されます。

その際にApple Watchが振動し、ワンタップでロックをオンにできるので、誰かに解除されてもすぐに反応してロックできそうです。

また、鼻を出した状態でiPhoneを開くと、Apple Watchではなく通常のFaceIdで解除しようとするので、うまく解除できません。マスクをつけるならきちんと鼻まで覆う必要があるようです。

関連記事